センターについて

ご挨拶

ここから本文です

センター長挨拶

センター長
センター長
橋爪 誠

九州大学先端医療イノベーションセンターは、我が国における新医薬品・新医療機器の開発に関し、新たな取り組みが必要であると模索する中から生まれました。
これまで先端医療開発は、大学や企業等の研究機関が研究を行い、病院等の診療機関が臨床試験を担当するというように、場所を区分して行われてきました。しかし、臨床の現場で新たなニーズや技術改良のアイディアが生まれたり、研究の現場で生まれた新しいアイディアについて医師の意見がほしいといった状況も多くあり、両者間の交流が求められてきました。
大学病院には両者を一体化した性格がありますが、一方で、地域の特定機能病院として患者の治療を第一義とする大きな役割があります。私たちは、先端医療の実用化という新しい目標に特化した施設はできないか、と考えてきました。

「研究施設と臨床施設の一体型施設は医療分野における民間企業と大学との共同研究において極めて重要であり、そのような施設を作れないか。」この希望に経済産業省の平成21年度イノベーション施設整備補助金が組み合わさり、関係の皆様の多大なご支援とご協力もあって、本センターは平成23年7月27日に開所を迎えました。 
建物延面積5,411㎡の施設に、各種研究用機材を装備した研究室、実験室と、診療施設としての診察室、病室、手術室など双方の施設を備えます。このような施設は他にはほとんど存在せず、国立大学に限れば初めての試みです。医療供給方法の改革に向けた多様な取り組みの一つが第一歩を踏み出しました。

本センターは、民間企業と一緒になって、先端医療分野における研究の成果を1日も早く医療の現場に届け、皆様のお役に立ちたいと考えております。さらに、こうした実績を積み上げ、関係省庁、学会とも連携し、新医薬品・新医療機器の国際共同試験センターとしての役割を果たしていく考えです。
関係の皆様におかれましては、本センターのユニークな取り組みにご理解を賜り、本センターの事業への参加をご検討いただきますようお願い申し上げます。

副センター長挨拶

副センター長
副センター長
中西 洋一

先端医療イノベーションセンターの副センター長を拝命いたしました。このセンターの使命は、「大学の研究を社会に送り出すこと」です。簡単そうに聞こえますが、医薬や医療機器は人体に応用されるものですから、重篤な副作用や機器の不具合は人命の危機に直結します。そのようなことがないように、医療技術の開発には薬事法という法律が適応され、二重三重の安全対策が盛り込まれます。基礎研究から、橋渡し研究、そして臨床試験、企業への受け渡しというステップに要する時間は10年~15年という長い期間に及びます。つまり医学・薬学の世界では新しいアイデアの実現にはきわめて長い時間を要するという現実があります。その中で、私の担当は後半部分に相当する橋渡し研究と臨床試験です。具体的には、新規医療技術、新規医薬の開発研究の出口-すなわち当イノベーションセンターで実施する臨床第Ⅰ相治験、がん免疫療法、そしてこれらを支援する機関である、九州大学病院ARO次世代医療センターの橋渡し研究支援部門、NPO治験ネットワーク福岡との連携等を担当しています。

先述のように、創薬や医療機器を臨床の現場に提供するためには、適正、安全、安心な臨床試験の実施が必須です。先端医療イノベーションセンターは、九州大学直轄の組織ですが、医学研究院、薬学研究院、生体防御医学研究所、病院を含め、バイオ関連部門との親密な連携の下に運営する体制を構築しています。それぞれの組織が、病気に苦しむ患者さんや国民の健康のために役立つことを目標に日夜努力していますが、その姿が市民の皆様に触れる機会はけっして多くはなかったように思います。先端医療イノベーションセンターの設立を契機に、大学の各部門の力を結集させ社会との連携にも力を注ぎたいと思っています。同時に、他の大学や医療機関同士との交流、産業界や行政との共同体制も、医療技術の開発には欠かすことのできない重要な活動です。

九州大学がそれぞれの力を結集させて、かつ学外の皆様の力も結集させての取り組みが始まりました。医学を通じて社会の役に立つことが最終目標です。先端医療イノベーションセンターの設立を契機に、九州大学では、医学・薬学・医療・健康に関する相談や連携の窓口を今後ともさらに整備し、充実させて行きたいと考えています。診療、研究、連携活動に関する皆様からのお問い合わせをお待ちしています。