センターについて

開設の趣旨

ここから本文です

図:ライフイノベーションによる国際競争力の強化

今日における科学技術の急速な発展は医療現場にも影響しています。既に海外で開発された多くの新医薬品・新医療機器が現場で使われていますし、日本発の研究成果や技術も私たちの生活の改善に貢献しています。

しかしながら我が国では、様々な疾病に関する臨床研究成果を医薬品・医療機器等へ実用化するに際し、迅速に一貫して安全確実に実施できる施設や社会環境が整備されておらず、製品化が遅れたり、日本人の体格や代謝に合わせた微調整や、各種技術の改善改良が進まなかったり、あるいはせっかくの努力や成果が特定の現場にとどまってしまう傾向がありました。

この解決には、規制や振興など行政による取り組みも、産業による新規分野への旺盛な投資も必要ですが、「学」にできることもあるのではないでしょうか。その一助となるべく、九州大学は、先端医療イノベーションセンターを開設することといたしました。