水野 晋一

ここから本文です

水野 晋一 Shinichi Mizuno

九州大学先端医療イノベーションセンター
プロジェクト部門
特任准教授・診療所管理者

主な研究テーマ

血液・腫瘍内科学、腫瘍免疫学、分子腫瘍学

研究概要

  • 造血幹細胞の分化機構の研究
    造血幹細胞は自己複製とともに様々な血球細胞に分化します。造血幹細胞の人為的制御を目指し、幹細胞の分化機構を遺伝子発現および翻訳制御から研究しています。
  • 移植における腫瘍免疫の研究
    腫瘍免疫の効果的な誘導によるがんの治療を目標とし、特に造血幹細胞移植のドナー細胞による抗腫瘍効果を中心に、腫瘍に対する特異的免疫の制御法を開発しています。
  • 新規がん遺伝子探索法の開発
    分子標的探索のため、がん原因遺伝子の新規スクリーニング法を開発し、網羅的ながん遺伝子の同定および機能解析を行っています。

業績

特許

DNA分子の環状化において単分子による環状化DNAのみを選別する方法(特願2011-189280)、単分子DNAから形成される環状DNAの作成方法(特願2010-196719)

賞罰

日本血液学会奨励賞(平成13年)

論文

  • Kalaszczynska I, Geng Y, Iino T, Mizuno S, Choi Y, Kondratiuk I, Silver DP, Wolgemuth DJ, Akashi K, Sicinski P. Cyclin A is redundant in fibroblasts but essential in hematopoietic and embryonic stem cells. Cell. 138: 352-65, 2009.
  • Arinobu Y, Mizuno S, Chong Y, Shigematsu H, Iino T, Iwasaki H, Graf T, Mayfield R, Chan S, Kastner P, Akashi K. Reciprocal activation of GATA-1 and PU.1 marks initial specification of hematopoietic stem cells into myeloerythroid and myelolymphoid lineages. Cell Stem Cell. 1: 416-27, 2007.

ひとこと

新しい先端医療技術による、がんの効果的な治療法の開発を目指します。