研究者 大内田 研宙

ここから本文です

大内田 研宙 Kenoki Ohuchida

九州大学病院
胆道・膵臓・膵臓移植・腎臓移植外科
助教

主な研究テーマ

内視鏡手術関連機器の開発、内視鏡外科における3Dの応用、膵癌の基礎的研究

研究課題

  • 癌間質ニッチに存在する膵癌浸潤/転移責任間質細胞同定とその制御による新規治療開発
  • 癌幹細胞を標的とする人口ウイルスを用いた癌幹細胞特異的新規DDASの確立
  • 膵癌幹細胞及び癌幹細胞ニッチ相互作用を標的とした新規膵癌治療
  • 癌関連PSCのprospective isolationによる選択/同定と特定のPSC癌相互作用を標的とした新規膵癌治療の開発

業績

  • Naoki Ikenaga, Kenoki Ohuchida*, et al. CD10+ pancreatic stellate cells enhance the progression of pancreatic cancer Gastroenterology, 139; 1041-51, 2010
  • Lin Cui, Kenoki Ohuchida*, et al. Prospectively isolated cancer-associated CD10+ fibroblasts have more strong interaction with CD133+ colon cancer cells than CD133- colon cancer cells PLos One 12;5:e12121, 2010