プロジェクト | 共同研究部門

低侵襲先端医療学研究部門

ここから本文です

低侵襲治療機器開発とそのグローバル展開についての共同研究

背景と目的

低侵襲的アプローチである内視鏡下手術・治療は外科・内科領域において特別な治療法ではなく一般的に選択される術式となりました。一方で,これらの手術では医師の日常的な訓練とそれにより獲得した高度な技術に依存する部分が多いのが現状です。本研究部門の目的は、まさにこの医師個人の技術に依存している部分を新しいデバイスやシステムで補うことで、より安全かつ簡便な治療を実現することです。

研究概要

内視鏡下治療における手技の習得に必要なコスト(トレーニング)を軽減する直感的な操作システムについて研究・開発を行っています。また、我が国だけでなくグローバル市場に向けた開発を行っています。

期待される成果

低侵襲治療の支援システムにより医療の質の向上へ寄与し、ひいては患者のQOLの向上に大きく貢献することが期待されます。また、我が国だけでなくグローバルなニーズを満たす先端医療機器を、国内基盤技術に基づき国内で開発することで、我が国における医療機器産業の振興・発展が期待されます。