プロジェクト | 共同研究部門

癌局所制御研究部門

ここから本文です

乳がん・膵がんに対する陽子線治療法の臨床的研究

背景と目的

がんの治療には主に、外科的手術、化学療法、放射線療法があります。その中で、新しい放射線療法として粒子線治療が注目されています。
従来のX線やガンマ線は病巣に届くまでに線量が減弱していきますが、粒子線は、身体の中を進んだところで線量がピークになる性質があり、副作用が少なく、深部の病巣局所に高い効果を発揮します。粒子線治療には、陽子線あるいは炭素イオン線が用いられており、がんに対して高い治療効果が期待できる身体の負担の少ない新しい治療法です。

研究概要

当研究部門では、陽子線治療を中心とした局所でのがん制御による治療法の開発を目指しています。新規に開発されたガントリー装置を利用した多門照射により、高精度の陽子線照射が可能となっており、様々ながんに対して治療の可能性が広がっています。
そこで、主に乳がんと膵がんを対象に、
①新しいガントリー装置でのがんの局所制御についての研究
②転移傾向の強い固形がんに対する陽子線治療と免疫療法による複合療法の研究
を行っていきます。

期待される成果

陽子線治療は、新規ガントリー装置、高精度照射法などのさらなるシステム開発や、照射効果の生物学的特性の研究により、一層の治療効果の向上が期待されます。研究を通じて、陽子線治療の新たな適応や有効性が評価され、安全で効果的な治療法の確立につながります。
さらに、がん免疫療法の導入や、遺伝子解析による効果予測など新しい枠組みの集学的治療法の開発から、より効果的な陽子線治療が臨床に提供され、がん治療の成績向上に役立つことが期待されます。