プロジェクト | プロジェクトにご参加を

幹細胞再生医療・細胞療法

ここから本文です

この分野の情勢

がんをはじめとする難治性疾患の克服のため、治療成績の向上、予防・超早期診断による長寿の実現、疼痛コントロール、緩和ケアなどの技術が待たれています。なかでも免疫細胞療法はがん治療における新たな取り組みとして大きく成長してきました。また、幹細胞を用いた再生医療技術は、がんのみならず、様々な疾患において幅広い応用が期待されています。

CAMIの強み

今日、がんに対して非常に多くの種類の免疫療法が研究・開発され、その一部は患者さん自身の免疫細胞を使った細胞療法として提供されています。承認されるまで使用できない医薬品としてではなく、医師による個々の患者への医療技術として提供するサービスは、新たな医療供給の流れとなっており、より効果的な療法の開発が求められています。当センターは、特定のがん種に関する最先端の免疫細胞療法の臨床研究を行うとともに、幅広いがん種に対しての新しい免疫細胞療法を開発するための基礎的な研究も行っています。

共同研究のお誘い

施設内には、医薬品GMPレベルに準拠した細胞調製センター(Cell Processing Center:CPC)を設け、研究パートナーによる細胞培養のノウハウの提供と、その管理に必要な機器の導入を実施(または計画)しています。当該パートナーとの交渉が必要ではありますが、導入された機器を活用して、細胞培養技術を使った臨床研究が可能です。